ウェルスナビで投資すると税金はどうなる?最も有利な方法は?

ウェルスナビで投資をする場合は入金するだけで良いので、一般の証券口座で投資信託を売買をするときと何か税金面で違いがあるのではないかと考える人もいるでしょう。

結論からいうと、基本的な部分は違いません。

ただし、ウェルスナビが投資対象としているのはアメリカの投資信託だけという点には注意が必要です。また、ウェルスナビは DeTAX(デタックス)という仕組みで税金が安くなるような売買がなされるようにプログラムが組まれています。

この記事では、ウェルスナビを利用したときの税金に関する基本的な知識と、DeTAX がどのような方法で税金を安くするのかについて解説します。

ウェルスナビで生じる税金の源泉は分配金と譲渡所得

ウェルスナビが投資対象とするのは投資信託なので、基本的には普通に証券会社等で証券口座を開設して投資信託を買った場合と税法上の取扱は同じです。

投資信託への投資から生じる利益は分配金と譲渡所得(換金して得た利益)で、これらに対して 20.315%(所得税 15%、復興特別所得税 0.315%、住民税 5%)の税金が課税されます。

なお、ウェルスナビはアメリカの投資信託に投資するため、分配金についてはまずアメリカで課税され(10%)、残った金額に対して国内で先述した税率が適用されます。

納税の方法は 3 通りから決める

投資信託から生じる譲渡所得の扱いについては以下の 3 通りの方法があります。これは口座を開設する段階で尋ねられますので、いずれかを選択する必要があります。

  • 特定口座(源泉徴収あり)・・・確定申告は不要
  • 特定口座(源泉徴収なし)・・・確定申告が必要
  • 一般口座・・・確定申告が必要

特定口座を選択すると源泉徴収のありなしにかかわらず、口座のある金融機関が 1 年間の損益を計算してくれます。源泉徴収ありを選択する場合は税金の支払いも金融機関が行ってくれるので、確定申告の義務はありません。源泉徴収なしを選択する場合は確定申告が
必要です。

一般口座は 1 年間における譲渡所得の計算から税額の計算、確定申告まですべて自身で行う必要があります。そのため投資の経験が浅いなら特定口座にしておくのが良いでしょう。

ウェルスナビ公式サイトはこちら

どれを選ぶのが有利?

一般口座は除外

まず、投資の初心者は一般口座を選択肢から外して構いません。なぜなら、一般口座を使うことにメリットが生じるのは特殊なケースだからです。一般口座での取引なら税務署に把握されないという話もあるようですが、これは正しくありません。

特定口座を選んでおけば、確定申告が必要となる源泉徴収なしを選択した場合でも「特定口座年間取引報告書」をウェルスナビが作ってくれますのでラクです。そのため、特別な理由がない限りは特定口座を選んでおけば良いです。

「源泉徴収あり」のデメリット

では、「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」のどちらを選べば良いでしょうか。

一番簡単なのはもちろん「源泉徴収あり」です。源泉徴収ありを選択すると、税額の計算から納税までウェルスナビが行ってくれるので勉強する必要もないですし、手間もかかりません。また、誰かの扶養に入っている場合、利益がいくら大きくなっても扶養から外れ
ないというメリットもあります。

しかし、源泉徴収ありを選ぶと以下の 3 つが利用できなくなるというデメリットがあります。

  • 外国税額控除
  • 先述したとおり、分配金はアメリカでまず課税され、その後、日本でも課税されるので 2重課税です。源泉徴収ありを選択すると何もできませんが、源泉徴収なしを選択した場合は確定申告で「外国税額控除」を利用することで一定額の税金を取り戻すことができます。

  • 損益通算
  • ウェルスナビの他に証券口座をもっている場合、他の金融機関で行った取引から生じた損益を通算することができます。

    たとえばウェルスナビで 10 万円の利益が出ており、他の金融機関で行った取引で 3 万円の損失が出ている場合、トータルの利益は 7 万円として申告ができるということです。

  • 損失の繰越
  • 源泉徴収なしを選択すると、損失が生じた場合にその損失を最大で 3 年間、繰り越すことができます。そのため将来において得た利益を圧縮し、納税額を減らすことができます。

    なお、損益通算や損失の繰越は、NISA(少額投資非課税制度)や iDeCo(個人型確定拠出年金)の損益は対象外です。

利益が 20 万円未満なら源泉徴収なしが有利

また、給与所得が 2000 万円以下の場合は年間 20 万円までの所得については確定申告が不要です。しかし、源泉徴収ありを選ぶと金額にかかわらず税金を納めることになります。

そのため、投資額が少なく利益が 20 万円以内におさまるのであれば源泉徴収なしを選んだほうが得です。

ウェルスナビ公式サイトはこちら

DeTAX(デタックス)が税金を安くする

DeTAX とはウェルスナビ独特の仕組みで、利益が生じている場合に、他の銘柄の含み損を実現することを通じてそれを相殺し、納税額をおさえるものです。

複数の投資信託に投資をしていると、利益が出ている銘柄もあれば損失が出ている銘柄もあるのが普通です。損失の生じている投資信託を処分し、すぐに買い戻すことによってポートフォリオを維持したうえで利益を圧縮するのが DeTAX の仕組みです。

ウェルスナビの CEO である柴山氏によれば、DeTAX があることでウェルスナビの実質手数料が 0.4%~0.6%まで下がるとのことです(3000 万円まで年 1%)。ただし、実際はケースバイケースと思われますので過剰な期待はしないほうが良いでしょう。

手間と節税額のバランスで判断しよう

源泉徴収ありを選んでも確定申告ができないわけではありません。そのため源泉徴収ありを選んだときは、確定申告をしたほうが有利なのか不利なのかを判断して都合のよいほうを選びましょう。

源泉徴収のありなしは、その年において所得が生じていない間なら変更ができます。よくわからなければ最初は源泉徴収ありを選んでおいて、慣れてきたら源泉徴収なしを選んで試してみるのが良いでしょう。